スタッフブログ

Staff Blog

市の補助金を利用した耐震リフォーム!

2022年5月28日(土)

皆さんこんにちは。

日野支店チーフプランナーの鈴木です。

東京都より『首都直下地震の被害想定』の10年ぶりの見直発表がありましたね。

 

 

 

②③④

 

 

 

 

都心南部直下地震』の被害想定、『帰宅困難者』想定といった数字に

通勤通学の距離のある方、離れて暮らす家族の事など不安は募ります。

 

 

bousai_girl2

 

しかしながら、発表には併せて新築や耐震リフォームで建物の耐震性能が

1981年の耐震基準(新耐震基準)を満たした建物が100%になれば今回想定より約6割

規制強化された2000年耐震基準にすれば約8割減るとの試算も含まれていました

建物の耐震化が進むほど人的・物的被害が減るとされています。

 

 

 

1995年の阪神・淡路大地震の犠牲者の8割以上が、

家屋の倒壊等による圧迫死が原因でした。

注目すべきは倒壊住宅の多くが「旧耐震」時期の建物だった事です。

データでは旧耐震基準の建物は新耐震基準の建物の11倍

大破した数が多かったことが分かっています

 

 

915a2c96a2e04204fb2741d9d5c0ba87-1

 

 

 

 

 

耐震リフォームは、文字通り地震に耐えられるようにリフォームすることです

弱い部分を補強して強度をもたせ、地震の力が加わってもすぐに倒壊しない建物にするのです。

このモデルのように弱い部分は大地震では大きなダメージを受けてしまいます。

 

 

 

3D

 

 

 

今日は地震から大切な命を守る為の昭和56年以前に建てられた旧耐震の建物に使える

日野市の耐震リフォームの補助金についてご紹介します。

 

 

予想される大地震に対して

木造住宅が必要な耐震性能を保有しているか判断 ➡ 耐震診断

耐震性能を一定以上向上させる工事 ➡ 耐震改修

これらの工事に日野市では補助金が出ます

 

 

 

~~補助金の概要~~

 

・木造住宅の耐震診断

(木造住宅で昭和56年5月31日以前に着工したもの等)

耐震診断費用の3分の2以上の額   上限8万8千円

 

 

・木造住宅の耐震改修

(耐震診断で構造上評点が1.0未満である木造住宅を1.0以上にする耐震改修)

改修費用の5分の4以内の額    上限100万円

 

 

 

耐震診断では図面や現地にて詳細な調査し、

耐震改修は調査に基き最適な補強計画に合わせて建物を改修していきます。

 

 

診断書

 

 

 

評点

 

 

 

エンラージ日野支店でも日野市の補助金をフル活用した

耐震リフォームがいよいよ6月に着工します

工事の進行に合わせて、随時ご紹介していきますね

 

 

 

 

日野市の補助金制度について詳しくはお知りになりたい方は

日野支店、女性プランナーにお気軽にお問い合わせください。

 

日野支店 チーフプランナー  鈴木千春

 

======*========*=======*=======*=======*=======*========*========*

【 一級建築士事務所ENLARGE 】

 八王子本店:0120-512-355 (中央線西八王子駅より徒歩5分)

 北野支店 :0120-186-202 (京王線北野駅より徒歩4分)

 日野支店 :0120-186-203 (中央線日野駅より徒歩3分)

 お問い合わせフォーム:https://www.enlarge.tokyo/contact

 来店予約:https://www.enlarge.tokyo/raiten

 資料請求:https://www.enlarge.tokyo/book

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*

 

カテゴリー:日野店 |

  • Like! (24)