スタッフブログ

Staff Blog

築35年超の中古マンション リノベーション①

2018年7月8日(日)

fef24087e71f7ec8198be00d9ca3fca1_s

 

こんにちは、八王子店の榎本です

 

昨日は七夕でしたね

みなさんは短冊を飾ったりしましたか❓

db8616d30024dbb750f84179a70ae784_s

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はマンションのリノベーションを数回にわたって紹介したいと思います

紹介するのは築35年超の中古マンション全面リフォーム。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最初にお伺いした際にはコルクの床が波打っていて、

とてもそのままフローリングを貼れない状態でした。

 

床の下地が良くないと仕上げの床も歪んで上手くいきません。

従って、今回は床の下地を平らに整えるのが重要となってきます

 

作業としてま、まず状態の悪い既存コルクを剥がします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一ヶ所、一ヶ所職人さんが丁寧に剥がしていきます。

最初のコルクの上に更にコルクを貼っているようで、大変な作業となりました

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

マンション全面ということもあり、すべて剥がすのに4日間もかかりました

ですが、床のコンクリートはこの状態でもデコボコしたままです

 

 

そこで行うのがセルフレベリングです

床の角度やデコボコ具合をレベルと表現し、平らにする作業をレベル調整、レベリングと呼びます。

カンタンに言うと、コンクリートを流して平らにしてしまおう!というものです

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

マンション全室を全て同時には行えませんので、

区切りながらレベリングを行っていきます

 

IMG_1510IMG_1517

 

 

 

居室のみでなく、洗面所やトイレなども全て

職人さんの手によってレベリングされていきます

 

最後には見えなくなってしまいますが、床の踏み心地を左右する大事な作業。

コテで丁寧に平らにして頂きました

 

 

そして、いよいよ床の下地作業の終了です

 

IMG_1468

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見えなくなる部分も、丁寧な仕事をしてこそエンラージのリノベーションです

良い仕事をしてくれる職人さん達にはいつも感謝しています

 

 

次回は遮音フローリング貼りやその先の工程をご紹介します

お楽しみに

 

カテゴリー:八王子店 |

  • Like! (0)