スタッフブログ

Staff Blog

無垢床、良き

2019年10月8日(火)

皆様こんにちは

 

本日10月8日は『木の日』だそうです🌳

「十」と「八」の字を組み合わせると「木」となることが由来のようで、

「木の良さを見直す日」として記念日登録がされています。

 

今回は『木の日』にあやかり、無垢床によく使用される木の特徴についてご紹介いたします

 

000000000638

 

 

木には大きく分けて、「針葉樹」と「広葉樹」の2種類があります

針葉樹の床は柔らかく、広葉樹の床は針葉樹のものと比べると硬いです。

 

 

床材として使用される針葉樹は主に4種類。

針葉樹は柔らかさもさることながら、木の良き香りが続くのも特徴です。

 

パイン

針葉樹のなかでも硬さのある樹種で、床暖房に対応できるものもあります。

白木の明るい床ですが、経年により飴色に変化し落ち着きのある風合いになります。

 

ヒバ

ヒバの香りにはヒノキチオールという成分が多く含まれていて、

カビの増殖やO-157などの感染を防ぐ作用、蚊が寄り付きにくくなるという効果があります。

 

ヒノキ

木目が美しく、仕上がりの良さに定評あり。

油分を多く含んでいるため、水にも強く耐久性があります。

 

木目がはっきりとしているので、ナチュラルなインテリアにぴったりです。

素足での歩行感もよく、無垢特有の暖かさや柔らかさを感じやすいです。

 

pino_vi

 

 

 

広葉樹は針葉樹に比べ床材として使用される樹種が多いです🌲🌲🌲

全てご紹介したいところですが、代表的なものだけご紹介させて頂きます。

 

ブラックチェリー

高級家具材としても利用されています。

滑らかで細かい木目が特徴で、年月を経る毎に深みのある色に変化します。

 

ハードメイプル

硬く粘りがあり、摩擦や衝撃に強い素材です。

白っぽい明るい色味が特徴で、経年による色の変化は比較的感じにくいです。

 

ブラックウォルナット

世界三大銘木の1つ。チョコレートのような深い色合いをしています。

経年により、紫味や黒味が抜け明るい赤茶色に変化していきます。

 

オーク

オークはウィスキーの樽材としても有名です。

多彩で個性的な美しい木目が特徴的な素材となっています。

 

アメリカンブラックチェリー-一枚もの-オイル塗装-無垢フローリング-アンドウッド-新潟

 

広葉樹の床は他にも、サペリやカリン、チーク、シカモアなど、様々な素材がございます。

これらはまたの機会に…

 

 

 

一言で「無垢床」といってもそれぞれに特徴があります。

暮らし方やインテリアイメージに合わせてベストな子をお選びくださいね

 

mv_01

 

 

「どれも素敵だから選べない…」という方

当社スタッフが皆様のお暮らし方をお伺いしたうえでご提案しますので、ご安心くださいませ

 

無垢床にしたいけど強度も欲しいという方には、無垢材を表面化粧材とした床のご案内もしております。

複合フローリングの強さと無垢材そのものの質感が得られる、一石二鳥のフローリングです

 

 

無垢材をご検討されている方から「床のお手入れ方法が分からない」というご相談も多く頂きます。

日常のお手入れについても近々ご紹介いたしますね

 

 

 

日野支店:かわさき🐇

カテゴリー:日野店 |

  • Like! (25)